<倫理規定>


JBCAコーチ倫理規定

 
1 この規定について
 
@適用範囲
この規定は日本視覚障害者コーチ協会(JBCA)の現会員ならびに準会員に適用する。
また、過去にJBCAで学んだすべてのコーチに、順守を呼びかけるものである。
 
A罰則について
この規定に違反したコーチは、日本視覚障害者コーチ協会会則第9条により
除名処分等の処分対象者となりうる。
 
B運用開始年月日
この規定は2021年1月6日より運用する。
 
2 倫理規定の内容
 
@守秘義務
下記いずれの情報も本人の許可なくだれにも口外してはならない。
ただし、本人の危険を伴う自傷行為や他害行為、違法行為を行った事実または行う恐れがある場合を除く。
 
★個人セッション・グループセッション関連(継続・単発いずれも含む)
・クライアント名
・クライアント連絡先
・クライアントが話した事実
・その他知りえたクライアントに関する全ての事項
 
★アリス・プロジェクト・トレーニング(APT)関連
・APT受講者名
・その人がAPTを受講している事実
・APT受講者連絡先
・APTのクラスの中で話された全ての事項
・その他クラス運用に当たり知りえたAPT受講者に関する全ての事項
 
★JBCAが外部向けに主催するイベント関連
・JBCA主催イベント参加者名
・JBCA主催イベント参加者連絡先
・JBCA主催イベント内で参加者が話した全ての事項
・その他イベント開催において知りえたJBCAイベント参加者に関する全ての事項
 
Aコーチング契約に基づく禁止事項
JBCAコーチは、コーチング契約中にクライアントとの間で下記のことを行ってはならな
い。 ・政治宗教活動、営利目的の勧誘
・クライアントと恋愛関係になること
・コーチング契約以外の金銭や物品の授受
 
B違法行為の禁止
JBCAコーチは、いかなる法律にも違反してはならない。